青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
市川高校(現役)   慶応大学 (商学部)
       
       
高2の4月から(友人の勧めもあり)入塾しました。当時の私は「英語」に自信がなく、最難関大学を目指すためには、中途半端な現状を脱却しなければならないと焦っていました。

今でもよく覚えていますが、「青沼」の第1回の授業は衝撃的なものでした。というのも、「5文型」の授業を通じて、自分の「英語」に対する、それまでの理解の低さを嫌というほど思い知らされたからです。これを機に、「文法」を「ゼロ」から学び直そうという「決意」が生まれました。「単語」に関しては、「青沼オリジナル」の「FINAL WEAPON」を使います。これは上下2巻に分かれており、上巻は「語源」、下巻は「ストーリー記憶」という「青沼」独自の「長期記憶」を生み出す学習法を通じ、すべての「単語」を頭に自然と定着させることができました。また、長文の中に出てくる不明の「単語」の意味を「語源」をもとにして推測し判断することも可能になりました。

さらに、「文法」「単語」以外に「青沼」を語る上で忘れてはならないのは何と言っても「TRL」です。これは「ネイティブ」が読み上げる(「夏期」で習った)難解な英文の「CD」を、1日1回聴く訓練法です。高3の夏の終わりから始めましたが、最初の内はどこまで自分の「英語」が成長できるか半信半疑でしたが、いつの間にか(「英語」を「日本語」に置き換えることなく)「英語のまま」理解することができるようになり、12月頃には「長文」を読むスピードも「読解力」そのものも格段に向上しました。
「英語」以外の「他教科」の勉強法も教えていただき、「1冊100%主義」を貫いたおかげで効率的に勉強することができました。
「青沼のカリキュラム」に無駄なものは何一つありません!「青沼」を信じ、最後までついて行けば必ず合格を勝ち取ることができます。どうか最後まで諦めずに頑張ってください!