青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
開成高校 (現役)   筑波大学 (医学群)
       
       
僕は、高校2年になるまで、ずっと勉強をさぼってきていたので、当時、「英語」がまったくできませんでした。模試を受けても、悲惨な成績しか取れませんでしたが、自分では、どうやって「英語」を勉強すればいいのか全くわからず、途方にくれていた時に「青沼英語塾」のパンフレットを目にする機会がありました。「基礎の基礎から教えてくれて難関大に受かる英語力が身につ付く」というところにひかれて「青沼英語塾」に入ることを決めました。

「青沼」に入って、まず驚いたのが本当に「手取り足取り」指導してくれることです。「単語」の「覚え方」から、「他教科の効率的な勉強法」に至るまで、本当にきめ細かく指導してもらえるので、「何をどのように勉強したら良いのかわからない」という悩みは、「青沼」に入塾以来一切なくなりました。また、その「授業」は、「青沼」独自の方法で「文法」を「理論的(数学的)」にとらえ基礎概念を理解することから始まります。こうすることで忘れることがなくなるだけでなく、応用問題にも対応することができるようになるのです。そして、驚くことに「青沼」では、高3の夏になるまで「長文」にほとんど触れません。そのかわりに「1学期」の内に「単語」と「文法」を徹底的に叩き込み、「100%の完成」を目指します。高3の春頃は、焦りもあって、「長文」をもっと早く始めなくても良いのかという不安が強かったのですが、「夏期」の「長文読解」の授業を受けて、「青沼」のねらいがはっきりとわかりました。それまでの僕は、「長文」を解釈する時、知ってる「単語」をつなぎ合わせて「何となく」意味を「わかった気になっていた」だけだったのですが、高3の「1学期」に「単語」と「文法」を徹底的にマスターしたおかげで「英文」の「構造」を100%理解し、正確にその文の意味を理解できるようになっていたのです。そして、「夏期」以降はいよいよ「TRL」トレーニング」が始まるのですが、この「TRL」こそ、僕が「青沼」で最もすごいと感じた訓練法です。これは「夏期」に習った「長文」を「native」が吹き込んだ「CD」を聞きながら、全文を暗記してしまう訓練法ですが、「TRL」を毎日最低1回実施するだけで、12月頃には「英語の語順のまま英文を読む」ことが、自然とできるようになり、「センター」も「2次試験」も、「英語」のテストは、時間的にとても余裕をもって全問を解き終えることができたのです。「TRL」のすばらしさを実感した僕は、「第1志望(国立医学部)」に合格した今でも、なお「TRL」を毎日続けています。

僕が、「第1志望」に合格できたのは、「青沼のカリキュラム」を最後まで信じてついていったからだと、今、改めて確信しています。後輩の皆さんも、どうか「青沼」を信じ、最後までついて行ってください。諦めなければ、必ず最高の結果がついてきます!