青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
東葛飾高校 (現役)   東北大学 (工学部)
    東京理科大学 (基礎工学部)
    明治大学 (理工学部)
私は、中学時代は、「英語」に対して苦手意識はなく、むしろ得意科目だと思っていました。しかし、高校入学後の「英語」の成績は、急に下位層に属するようになり、周囲の「英語」のレベルの高さに驚くばかりでした。私は、皆に追いつこうと自分なりに勉強を始めましたが、「文法」「単語」「熟語」「長文読解」「英作文」とやることが多く、思ったように勉強がはかどりませんでした。
「難関国立大学」を目指していた私は、この状況に強い焦りを感じ、一刻も早く効率的な勉強を始めなければならないと考えました。そこで、厳しいけれど必ず結果を出すという「青沼英語塾」の評判を聞いてきた母の薦めで、高校2年生から、迷わす「青沼」へ入塾を決めました。
入塾前に(電話で)塾長(青沼先生)に、「基礎を固めたい」との希望を伝えたところ「3年生からは必ず応用クラスに入る」という条件で、2年の内は「基礎クラス」からスタートすることになりました。私は、「3年生からは、必ず応用クラスに入る」という青沼先生との約束を強く意識し、2年の内から課題に真剣に取り組みました。厳しいと聞いていましたが、週1回の授業で、部活も継続でき、高2の内は、特に無理もなくカリキュラムをこなすことができました。3年生からは、予定通り「応用クラス」に入りましたが、1年間基礎を固めたためか、スムーズに授業についていくことができました。一人では、どこから手を付けて良いか分からなかった「英語」の勉強でしたが、「青沼のカリキュラム」についていけば、必ず成功できると、この時点で強い確信を持つことができました。そこからは、1回授業を受けるごとに、さらにモチベーションは上がり続け、毎週、授業で実施される「単語テスト」で、満点を取ることをまず最初の目標にしました。「単語」も、すべての「単語」に「覚え方」の付いた「青沼」独自の「単語集」(FINAL WEAPON)を使うことで、苦労もなく覚えることができ、自然と「単語力」もついていきました。
「夏期」には、私が、それまで最も苦手としていた「長文読解」の授業が行われました。テキストの長文自体は、大変高度なものでしたが、授業を受けるうちに、徐々に「論理的」に解く「コツ」を習得し、長文問題への苦手意識は全く無くなりました。
そして、私が「青沼のカリキュラム」の中で、最も効果的だったと今感じているのは、夏期の授業で使用した英文を、ネイティブの音声を聞きながら毎日読む「TRLトレーニング」という訓練です。この訓練を通じて、最終的に「英語」の実力を入試レベルまで引き上げることができたと思います。
「冬期」以降は「英語」の学習は、「TRL」だけに絞り、後は「過去問」を用いて問題を解く「スピード」をつける訓練だけをくり返しました。その結果、急速に点数も上がり続け、「センター試験本番」の得点は、2年生の夏に受けた「センター模試」と比べて100点以上も上がっていました!しかも、入試本番では(2次も含め)長文の中に知らない「単語」は、殆どありませんでした!
さらに「青沼」では、「他教科」の勉強の仕方や、「過去問」の進め方までも詳しく教えてもらえます。そのため受験が迫ってきても、「英語」はもちろんのこと、「他教科」の「勉強の仕方」においても迷うことなく、効率的に全教科を仕上げることができたのです。
また、「精神面」においても、授業を通じて定期的に配布される「勝利への戦略(塾長講義録/進学指導編)」を毎回読むことで、受験生が陥りがちな不安な気持ちを、その都度上手にコントロールし、受験に向けて、常に「やる気」を高めることができました。
最後にこれから大学受験を目指す後輩の皆さんに向けて、「現役生は直前まで学力を伸ばすことができる!」ということをお伝えしたいと思います。私は、そのことを実際に体験しました!どうか、常に「強い気持ち」を持って、「青沼のカリキュラム」に、最後までついて行ってください。そうすれば、必ず成功できます!決して最後まで諦めず、「第1志望合格」を信じて頑張ってください。心より応援しています。