青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
高輪高校 (現役)   筑波大学 (生命環境学群)
    早稲田大学 (教育学部)
    明治大学 (理工学部)
私は高2の4月から親の薦めで「青沼」に入塾しました。入塾後、まず驚いたのは、「文法」を徹底的に解説してくれることでした。それまでは、ただ、例文を暗記することしかしてこなかったのですが、点数は、それなりに取れていたので、「文法」は完璧だと思い込んでいた自分の考えの浅はかさに気付かされました。実際、「青沼」の授業を聴いた上で、「塾長講義録」を読むと、複雑な「文法」も、すぐに理解できるようになり、高3の「夏期」までには、「文法」が絶対的な得点源だと言えるようになりました。
高3「夏期」では、厳選された難関大の長文を使い、全12講の授業で長文読解の方法を徹底的に訓練します。長文自体は、非常に難しいのですが、「1学期」に習った「文法理論」を駆使すれば、どんな高度な文も、自在に読み解くことができると分かり、非常に感動しました。
さらに、「青沼」独自のトレーニングである「TRL」が「夏期」終了と同時に始まります。これは「夏期長文」をNATIVE SPEAKERが録音した「CD」を通じて1日1回聴く訓練なのですが、私は、「英語が伸びた1番の理由は何か」と問われたら、まっ先にこの「TRL」を挙げます!なぜなら、毎日1回聴くだけで、本当にある日突然「英語」がすらすらと読めるようになるからです。最初の内は、正直、半信半疑だったのですが、「冬期」の直前に、その課題を解いていると、突然、「英語」が「英語の語順のまま」頭に入ってきたのです。これには本当に驚きました!
また、「青沼」では、「他教科」の指導もしてくれます。私は、「数学」と「物理」が大変苦手でしたが、「青沼」の方針通りに勉強を続けていると、成績も着実に伸びてきて、一気に「得意科目」になりました。ただ、「化学」だけは、「センター」直前でも、ほぼ白紙に近い状態で、このままで大丈夫かと思ったのですが、センター後、塾に電話をして、塾長から、「2次までの勉強法」を直接指導してもらい、その指導法に基づいて学習したところ、「国立2次」では「物理」よりもむしろ「化学」の方が点数が高い、という状態にまでなり、その結果、見事、「合格」を勝ち取ることができたのです。
「勝利への戦略」にも書いてあったように「本気でやれば2週間で1科目完成できる」ということが、まざまざと自分の実体験を通じて実感できました!このように、「青沼」の指導法は的確で、無駄なことは1つもありません。「青沼」の先生方、そして、そのカリキュラムに従うだけで、自然と「合格」することができるのです。このように「勉強の仕方」まで指導してくれる塾は「青沼」以外には存在しないと思います。君も「青沼」に入塾し、(私と同じように)「第1志望合格」を見事、勝ち取ってくれることを心よりお祈りしております。