青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
東葛高校(現役)   慶応大学 (商学部)
       
       
 私は、「青沼」に通っていた姉の薦めで、高2の4月に入塾しました。「英語」には比較的自身があったのですが、「文法」を「数学的・論理的」に捉えて、基礎の基礎から学習する授業を初めて受けた時、いかに自分が今まで「フィーリング」で問題を解いていたかが身に染みたのをはっきり覚えています。今まで学習してきたつもりでいても、「青沼」の授業で習うことが知らないことばかりでショックを受けましたが、「青沼」の綿密な「カリキュラム」の元で基礎から学び直したおかげで、「文法」を体系的にマスターすることができました。さらに高3になると授業で習った内容を「講義録」を使って家で復習することにより、2年の時よりもさらに深い知識を確実にマスターできます。この高3の「1学期」で完成する完璧な「文法力」が、「夏期」からの「長文読解」において最大限に発揮され、「長文」を、構造的に捉えることができるようになりました。
また、「青沼」では、「他教科」の指導法に「1冊100%主義」という方法があります。多くの参考書につい手を出してしまいがちな私には、とてもぴったりの方法でしたが、初めの内は不安もありました。受験が近づき焦ってくると、クラスメイトはもっと沢山、しかもレベルの高い参考書を使っているのに、本当にこの1冊だけで良いのかと、つい他の参考書に手を出しそうになりました。しかし、先生に「面談」の時に相談すると「このままでいい、このまま続ければ絶対に合格できる!」と励まされたおかげで自信がつき、そのまま一心不乱に続けた結果、無事合格することができました。私は、後輩の皆さんにも「1冊100%主義」を自信を持ってお薦めしたいと思います。
次に、「青沼」の「オリジナル単語集」である「FINAL WEAPON」について一言触れておきたいと思います。「FINAL WEAPON」は、「上巻」が「語源」に基づいて説明してあり、「下巻」は「ストーリー記憶」が示してあります。「単語」を覚えるのが苦手だった私は、こんなにも簡単に覚えられ、なおかつ長期間忘れない「単語集」があることに本当に驚きました。毎回の「単語テスト」で定着度確認もできます。この「単語集」をマスターすることで、合格に大きく近づいたと、今、振り返ってみて改めて思います。
また、「青沼」は、「英語」だけでなく、先程述べた「1冊100%主義」を通じて「他教科」の勉強法まで指導してくれます。「どの時期にどの教科のどの参考書をやればよいのか」、そして、「いつ頃までに終わらせればよいのか」などの細かい指導をしてもらえるおかげで、「英語」はもちろん、「他教科」も、飛躍的に伸ばすことができたのです。「浪人生」に比べて「現役生」は勉強する時間が少ないのは当たり前です。しかし、その競争の中で生き残るためには、「いかに短い時間で効率よく勉強することができるか」にかかっていると思います。「青沼」では、そのための「カリキュラム」が綿密に組まれています。どうか、頑張って最後の最後まで「青沼」についていって下さい。そうすれば、来春、君も確実に「合格」を手にすることができるでしょう!応援しています!