青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
市川高校(現役)   一橋大学 (商学部)
     慶応大学  (商学部)
     明治大学  (商学部)
       
私は「青沼英語塾」に高2の4月に入りました。そのきっかけは、中学の時に通っていた学習塾の先生に強くすすめられたことでした。実際に通ってみて、私が強く感じた「青沼」の優れた点を、ここでいくつか挙げてみたいと思います。
1つ目は、まず何といっても、完璧に設計された「授業」それ自体です。「青沼」では、まず(英文を読む際に最も重要な)「文法」を「文法体系」という教材を用いてマスターします。この「文法体系」は、もともと先生の「板書」をそのまま「本」にまとめた所から生まれた教材であるため、(他の予備校でよく見受けられる)「先生の板書をひたすら生徒がノートに写す」という無駄な作業をする必要が一切なく、先生の解説を聞いて理解する事に100%集中することができます。そして、「夏期」から始まる「長文」の授業になると、最高難度の「長文」を文構造の「文法的解析」を通じて理解する「ミクロの視点」、そして、段落ごとに要旨をを論理的に理解する「マクロの視点」の両方向から学ぶことができ、「予習」をしっかり行えば、授業だけで、「入試英語」に必要な力をすべて身に着けることができます。
2つ目は、適切に設定された毎週の「課題」です。毎週、「青沼」から「課題」が出されるのですが、これを100%こなすことこそが、「合格」への最短の近道であることを断言しておきます。なぜなら、この「青沼」の「課題」は、授業と常に密接に関連しており、これを着実にこなすことで、授業効果が何倍にもはね上がるからです。私の場合も、これを続けることで、「文法力」が「1学期」の内に完璧に完成されました。

3つ目は、「FINAL WEAPON(オリジナル単語集)」を使った「単語テスト」です。毎週、おこなわれる「単語テスト」で、満点を取り続けるのは(正直言うと)大変です。しかし、このテストで「満点を取り続けること」こそが「難関大学に合格」するための「前提条件」だと明言できます。単に「単語力」が身に付くからという理由だけではなく、「やるべきことを毎週着実にクリアーしていること」の「証明」となるからです。是非、まず、「単語テストで満点を取り続けること」を君の受験勉強の「スタートライン」にしてください。

この様に、他塾に比べて多くの優れた点が「青沼」には(他にもたくさん)あり、最高に効率的に「英語力」を養成できます。今「英語」が得意な人は、入試で「無敵の英語力」を身に付ける為に、今、「英語」が苦手な人は、入試で確実に「合格点」を取る為に、ともに「青沼」に通うことを「青沼」の卒業生として、自分の体験に基づいて強くおすすめします。来春の皆さんの合格を心からお祈りしております。