青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
渋谷幕張高校(現役) 東京大学 (理科U類)
   慶応大学  (薬学部)
   東京理科大学  (薬学部)
   星薬科大学  (薬学部)
私は高2になって突然、学校の「英語」の試験で点が取れなくなりました。それまで全く苦手意識を持っていなかった「英語」を、苦手だと思うようになり、どうすればよいかわからず困っていた時、母が偶然「青沼」のパンフレットを見つけて私に見せてくれました。母親と相談して、ひとまず高2の「夏期講習」を受けてみることにしました。
初めて「青沼」の授業を受けたとき、今まで見たことのない方法で「英文」が、これ以上ないほどわかりやすく解釈されていくのに感動しました。そして「青沼」に通えば、「英語」の成績を上げることができると確信し、高2の2学期から、正式に通い始めました。
「青沼」の最大の特長は、「基本を大切にする」という事で、ここで言う「基本」というのは具体的には「単語」と「文法」です。「単語」に関しては、入塾前から自分の語彙力のなさを痛感していましたが、覚えやすいように工夫された「青沼オリジナル単語集(Final Weapon)」のおかげで、効率よく覚えることができました。毎週行われる「単語テスト」で満点をとりたいという気持ちが、「単語」の勉強のモチベーションになってくれました。「文法」については、「青沼」の「文法体系」ほど丁寧でわかりやすく整理された「文法の参考書」は、他にはないと思います。私は、高2の夏期からの入塾でしたので、「文法」を授業で正式に教わったのは、高3の「1学期」からでしたが、その頃から学校の「英語」の試験でも高い点数が取れるようになっていきました。また、高3の「夏期」以降の「英文解析」の授業でも、「英文」に登場する「文法」項目を(「1学期」に習った)「文法体系」を用いて、何度も確認したり、「2学期」の授業内に、(「1学期」に習った)「文法」の復習テストがあったりと、「文法」を復習する機会が、「カリキュラム」の中に有機的に組み込まれているため、自然と100%マスターできました。

この「基本を大切にする」というのは、「他教科」の勉強にも通用します。「青沼」では、「他教科」の勉強法として、各教科ごとに「1冊の参考書又は問題集を100%マスターする」よう指導されますが、この1冊こそが、すなわち「基本」であり、ほとんどの入試問題は、実はこの「基本」を応用すればすべて解けるのです。「基本の大切さ」というのは、受験の直前になればなるほど痛感しました。

「青沼」の素晴らしい点は、他にもたくさんありますが、最後に「塾長講義録」の「進学指導編」である「勝利への戦略@〜H」について触れておきます。これは、年内を通して、授業で適時配布される小冊子ですが、主に受験生としての「心構え」について、先輩方の経験もふまえて述べられており、私のやる気を大きく引き出してくれるとともに、直前期に私の精神を支えてくれる「大きな柱」にもなりました。受験では、精神状態も合否の決め手になり得るので、非常に価値の高いものだったと、今、改めて思います。

「青沼」は、単なる「英語塾」ではありません。多くの先輩方の経験を元にした「完璧なカリキュラム」と「丁寧な指導」で、皆さんを「第1志望合格」へと導てくれる「道場」です!皆さんも、どうか最後まで、「青沼」を信じて、そして、何よりも自分自身を信じて、頑張ってください!皆さんの来春の合格を心よりお祈りしています。