青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集
◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
東洋英和女子高校 (現役)   一橋大学 (法学部)
    慶応大学 (法学部
    上智大学 (法学部)
    立教大学 (法学部)
    明治大学 (法学部)
私は、高2の4月、塾選びに悩んでいた頃、友達の姉と従兄弟が通っていた「青沼」を紹介され、入塾しました。
実際に入塾してみると「青沼」の雰囲気は、まさに「道場」で他塾とは全く違っていて、とても緊張したのを覚えています。私は、それまで人並みに「英語」の勉強はしてきたつもりでしたが、「単語力」は相当低く、「長文」も、何となく「勘」で乗り切っていただけでした。そんな私に「青沼」への入塾を決意させた最大の「ポイント」は、「たった1年で東大・早慶レベルまで達するように緻密に設計されたカリキュラム」と「1冊100%主義」の指導方針に魅かれたからです。
まず「単語力」についてですが、「青沼」では、「FINAL WEAPON」という「オリジナル単語集」を使います。他の「単語集」のように、ただ単語を羅列するのではなく、この「青沼」の「オリジナル単語集」は、すべての単語に「覚え方」が明記してあります。「上巻」では「語源」の観点から、「下巻」では「7・5調の暗記文」を用いた「ストーリー記憶」で単語を覚える形になっているので、長期記憶として自然と定着化させることができるように工夫されているのです。「単語力」は、「英文読解」において非常に重要な基盤なので、そこを最小限の労力でクリアできる点は、時間の少ない「現役生」にとって大きなメリットだと思います。また、「青沼」では、「1学期」に「文法」、「夏期」に「長文」、「2学期」以降は、「入試演習」をおこないます。
正直、最初の内は「1学期まるまる文法に注ぐなんてほんとに大丈夫?!他の受験生は、とっくに長文を読んでいるのに!」と思っていた時期がありました。しかし、受験を終えた今、「青沼のカリキュラム」を疑っていた当時の自分を思いっきり叱ってやりたい気持ちです。冷静に考えてみれば、「単語」や「文法」を知らない者が「長文」を正確に読めるはずがないのです!そのことを、今はひしひしと痛感しています。
次に「青沼」について特筆すべきは「1冊100%主義」です。これは、「他教科」について、それぞれ「マスターするべき1冊」を決め、その1冊にのっている全ての知識を「自分で人に説明できるようになる」まで徹底的に繰り返してマスターする、という「勉強法」です。例えば、「日本史」であれば、「教科書1冊」を全文暗記するつもりでひたすらくり返します。この方法は、一見すると効率が悪そうに見えますが、実際には「全体の流れ」が自然と頭に入るため、「国立2次試験」の「論述対策」にそのまま使えるなど、大きな視点で見ると実は、「合格への最短ルート」になっているのです。この「1冊100%主義」は「青沼」の「他教科指導」の根幹であり、私もすべての教科において、この方針を守り、途中で勉強の進め方に悩んだ時も、この「基本方針」に立ち帰ることで、常に不安を乗り切ることができました。このように「青沼」は、「英語塾」でありながら、「他教科」の勉強法まで、ていねいに示してくれる塾です。
この1年間、「青沼」は文字通り、私の「ペースメーカー」でした。それは、「青沼」が全ての勉強における「幹」を常に教えてくれているからです。
私の母は心配性で、「夏期」や「冬期」また「直前期」に他塾の講習を、私に(心配のあまり)薦めてきたこともありましたが、私は全く迷うことなく「青沼」一筋を最後まで貫きました。それは、私自身が「青沼」の方針に「納得」し、「絶対の自信」を持って、ついて行くことができたからです。
「第1志望」に合格し、受験を終えた今、改めて思います。「青沼の生徒で良かった!」と。他塾に一切通わず、「青沼」だけで、「他教科」をすべて自力で、「一橋レベル」にまで引き上げることができたことは、今、私の大きな自信となっています。ユニークであたたかい先生方と出会えて本当に良かったという気持ちで一杯です。
もし、皆さんの中に「青沼」に入塾しようか迷っている人がいたら、「是非、自信を持って青沼のカリキュラムについていって欲しい」と最後にくり返し言いたいと思います。来年の春には、「入って良かった!」と確信していることを私が保証します!