トップ・クォリティーの英語の専門塾 青沼英語塾

◆「合格者の声」が掲載されている「サブ・パンフレット」から抜粋してあります。
東葛飾高校
(現役)
一橋大学
(経済学部)
  慶応大学
(経済学部)
  明治大学
(政治経済学部)
私は「青沼」に入塾前「英語」が明らかな「苦手科目」となっていました。「最難関国立大学」を志望していたこともあり、当時はその状況からなんとかして脱却しなくてはならないと焦っていました。そんな時、友達に「青沼」を勧められ、「青沼」の「効率的なカリキュラム」に惹かれて入塾しました。
私が強く感じた、他塾と異なる「青沼」の優れた点を3つ、ここで紹介したいと思います。
ます第1にあげられるのは、「語源」と「ストーリー記憶」を用いる「FINAL WEAPON」という「青沼オリジナル単語集」を使うことで、英語力の基礎となる「単語力」を最小限の労力で見につけることができた点です。「入試本番」においても、「読解」、「英作文」ともに「単語力」で不足を感じることはなく、改めて「FINAL WEAPON」の優秀さを実感しました。
次に「1学期」に「文法」、「夏期」に「長文読解」、そして「2学期」以降に「入試実戦演習」をおこなうという、段階的に整備された「カリキュラム」です。他塾では、「1学期」から「長文読解」をおこなう所が多く見受けられますが、「文法」も「単語」もわからない内から「長文読解」をやっても本当の実力が身に付くはずがありません!その点、「青沼」では「1学期」は、徹底して「文法理論」の完全マスターに専念します。「文法理論」が体に染み込んだ後に「夏期」から「長文」の「解析法」を学ぶことで、「精読力」が着実に上昇し、「2学期」以降には難解な文章も容易に読み解くことが可能になりました。
最後に、言及しておかなければならないのが「TRL」です。「TRL」とは、「夏期」で徹底的に構造解析をした「最難関大学」の「英文」を「native」がトップスピードで吹き込んだ「CD」を毎日1回聴く訓練であり、これを毎日集中して続けている内に「速読速解力」、に加えて「リスニング力」も飛躍的に上昇しました。「TRL」を始めてから約3ヶ月後に、「英語」の偏差値が一気に「10以上」上がった時には自分でも驚きを隠しきれませんでした。その結果、「苦手科目」であった「英語」が最終的には最大の「得意科目」になっていたのです。
私が、2年生の終わりに受けた模試ではE判定だった「第1志望大(一橋)」に見事合格することができたのは、すべて「青沼」のおかげです。「浪人生」と比べ勉強にかけられる時間の絶対量が大幅に少ない「現役生」にとって「効率的なカリキュラム」で勉強していくことは、合格のために絶対に必要な条件です。「青沼」は、その「最も効率的なカリキュラム」を君に提供してくれます。皆さんも、「青沼」の「効率的カリキュラム」に最後までついて行くことにより、(私と同じように)「第1志望合格」を掴み取ってください!心から応援しております。

Copyright 2016 AONUMA Inc. All rights reserved.

pagetop