トップ・クォリティーの英語の専門塾 青沼英語塾

高3生ですが、「 応用クラス ( MA ) 」 にするか、「 基礎クラス ( MB ) 」 にするか迷っているのですが。
高3生の場合、クラスによって、「 志望校 」 のレベルが決定しますので、クラス決定は、慎重におこなって下さい。まずは、「 パンフレット 」 にもあります通り、以下の形で、クラスを決定するのが第1の原則です。
(a) 本気 」で、「 東大 / 早慶上智 」 を目指す場合 → 「MA ( 応用クラス ) 」 を選んで下さい!
(b) 早慶上智 」 も、一応目指してはいるが、現役で ( 例えば ) 「 立教 」 に合格したら、充分に満足できる → 「 MB ( 基礎クラス ) 」 を選んで下さい!
当塾の「 MB ( 基礎クラス ) 」 を、決して 「 レベルが低い 」 などと考えないで下さい!県立高校の 「 オール5 5段階評価 ) 」 の生徒や 「 巣鴨 / 渋谷幕張 / 江戸川学園取手 」 などの 「 名門高 」 の生徒が在籍していたり、あるいは、「 MB ( 基礎クラス) 」 から、現役で 「 東工大 」 に合格する生徒が出たことがあるという事実からもわかる通り、当塾の「 MB ( 基礎クラス ) 」 の 「 カリキュラム 」 は、「 他の予備校 」 の 「 応用クラス 」 のレベルに匹敵する場合さえあると断言しておきます。
従って、〔 自分は、MA MB の 「 中間レベル 」 だと思う 〕 という 「 自己評価 」を 、君がもし、持っている場合は、次の基準で、クラスを決定して下さい。
(c) まわりの生徒が 「 自分よりできる 」 方が、大いに 「 ファイトが出て 」 一層頑張れる! 
→ 「 MA ( 応用クラス ) 」を 選んで下さい!
(d) まわりの生徒が 「 自分よりできる 」 と、自信を無くしてしまったりするタイプなので、どちらかと言えば、「 まわりより自分の方が若干できる!」 位の方が、自信を持って実力を発揮できるタイプ!
→ 「 MB ( 基礎クラス ) 」 を選んで下さい!
「 1学期 」 は、「 文法 」 を 「 基礎 ( 5文型 ) 」 から、じっくり教えていきますので、MAMB の差は、それほどありませんが、「 夏期 」 以降は、MA の 「 レベル 」 が一気に UP します。「 夏期以降 」 においては、 MA のテキストは、「 東大 / 一橋大 / 京大 / 早慶上智 」 以外の問題は、一切使いません!従って、安易な気持ちで、MA を選び、「 夏期以降 」 についてこれなくなった場合は、その時点で、「 カリキュラム 」 の構成が、破綻してしまいますので、上記 (d) のような場合は、迷わず、「 MB ( 基礎クラス ) 」 を選んで下さい!あえて、象徴的な言い方をするなら、「 夏期以降 」 の 「 カリキュラム 」 のレベルの差は、MAMB の 「 3倍に UP する 」 と考えて下さい。
ただし、
@ 確かに私の今の学力は、低いけれど、私は、絶対に 「 東大 / 早慶上智 」 に現役で入りたい!
A そのためには、今の2倍の努力でも3倍の努力でも、喜んでする!
B 「 青沼 」 の 「 単語テスト 」 も、年間を通して、必ず満点を取ってみせるし、「 青沼 」 の 「 毎週の課題 授業の復習の レポート 」 ) 」 も、必ず、年間通して、Perfect に実行する自信がある!
もし、君が、「上記 @AB 」の 「 決意 」 を持って下さるのなら、たとえ、今の君の 「 英語の偏差値 」 が、30台だろうと40台だろうと 「 青沼英語塾 」 は、心から君を歓迎します!
もし、どうしても、自分で決断がつかない場合は、「 パンフレット を御覧になった上で、当塾まで、お電話下さい。塾長 ( 青沼 ) が、日を改めて、直接お電話させて頂き、より詳しい御説明をさせて頂きます。

Copyright 2016 AONUMA Inc. All rights reserved.

pagetop