青沼英語塾
英語ペースメーカー主義のすすめ質問コーナー合格者の声塾長講義録サンプル講師募集

これさえやれば、必ず実力が伸びる」という「究極の教材」は、全国のすべての「受験生」にとって、(「あこがれて」やまない)「夢」でしょうが、「青沼正会員」にとって、それは、「夢」ではなく、「現実」です。なぜなら、この「講義録」こそ、まさにその「究極の教材」だからです。


この「講義録」の学習を進める内に、君は、この「講義録」が、(「受験生」にとって)まさに「宝の山」であることに気づくことでしょう。なぜなら、この中には、一行として、無駄な内容はなく、君を「大学に合格」させてくれる、「入試に直結」した、「厳選された必須の知識」が、全篇にわたって余すところなく体系化されているからです。特に、「英語」を、単なる「暗記科目」だと思い込んできた人にとっては、この「講義録」の中で展開されている、「英語の構造」に対する「数学的解析」それ自体が、「英語」に対する、君の「考え方」を根底から変えてくれる「excitingな経験」になることになるでしょう。
どうか、繰り返し、繰り返し、熟読して、この「宝の山」を、一日も早く、確実に「自分のもの」にして下さい!


そして、(「青沼」を卒業した後)君が「社会人」になってからも、「自分の英語力が、最近少し落ちてきたな」と感じるようなことがもし、あったなら、


FW(Final Weapon)の復習 → 「塾長講義録」全篇の熟読 → TRLの実施

という「一連のプロセス」を繰り返して下さい。「青沼のカリキュラム」を、一度マスターしてくれている君なら、上記の「プロセス」を通じ、またたく間に、「英語力」を、劇的に引き上げることが可能になるでしょう。従って、君の「英語力」を、一生にわたって支えてくれる「最大の基盤」として、どうかこの「講義録」の全篇を、一生手元に保管して、大事にして下さい。なぜなら、この「講義録」は、「青沼正会員」になって、一年間、「青沼の授業」を受講する以外に手に入れる方法はなく、万一、紛失してしまった場合には、(再発行はしませんので)君自身、2度と手に入れることのできない究極の教材」だからです!

ただ、最後に絶対に忘れないでほしいのは、


この「講義録」は、当塾の「年間カリキュラム」と結び付いた時に、初めて「真の効力」を発揮する!


ということです。確かに、この「講義録」は、当塾の「年間カリキュラム」を支える「最大の柱」であり、「柱」が「家」の中の最重要の構成要素であることは事実ですが、しかし、どんな場合でも「だけで、「」(入試に通用する「完成された学力」)は作れないのです。従って、毎回の「授業」に、常に「最高度の集中力」をもって臨むとともに、毎週の「レポート課題」や「単語(熟語)テスト」、及び、(夏期以降からの)「TRL−training」など、当塾の「年間カリキュラム」を構成する、「ひとつひとつの要素」を、(常に「講義録」の熟読と連動させながら)確実にマスターしていって下さい。君が、このことを忠実に守るならば、(多くの先輩達の「実例」が「立証」しているように)君は、「高3生2学期」の終わりに頃には、文字通り「無敵の英語力」を確実に手に入れることになるでしょう!


1.塾長講義録/文法体系編 〔(高3生/1学期)文法体系/復習用テキスト〕
2.塾長講義録/例題演習編 〔(高3生/ 1学期)レポート課題用テキスト〕
3.塾長講義録/長文解析編 〔高3生/夏期長文/復習用テキスト〕
4.勝利への戦略 〔塾長講義録/進学指導編〕